病棟看護職の特色

主に慢性期の疾患で、長期にわたり療養を必要とする方を対象とし、患者さん一人ひとりに寄り添う看護ケアを実施。看護部主体の「排泄自立支援チーム」や、「摂食嚥下支援チーム」の活動も活発で、多職種とともに、患者さんの日常動作の維持・向上に取り組んでいます。

また、地域包括ケア病床では、「在宅への復帰」に向けて院内の多職種はもとより、院外の支援スタッフとも連携し、「在宅と連携した看護」を実践できるのも特徴の一つです。

病棟以外にもさまざまな働き方が選べます。

「病棟看護師」の役割

業務内容

BUSINESS

看護ケア

医療区分の高い患者さんが多く、酸素や点滴、CVの管理・吸引・インスリン注射・Baカテーテルの管理・褥瘡処置などを主に行っています。

ADL援助

寝たきりの方や認知症の方も多く、オムツ交換や食事介助、排泄介助、入浴介助(入浴と清拭を週に1回ずつ)などのADL援助も不可欠です。

カンファレンス

患者さんの状態や、今後についての経過を情報共有します。看護師以外にも、医師、薬剤師、リハビリスタッフなど多職種が参加し、目標達成に向けての評価・修正を行います。

病棟カンファレンス

病棟看護師・介護職が集まり、それぞれの受け持ち患者に対し、現病歴、治療の経過、今後の方針、看護計画などについて毎日カンファレンスを実施しています。患者さんを皆でサポートできるよう、情報共有を行っています。

チームカンファレンス

患者さんが入院されてから1週間以内に実施します。病棟看護師・ソーシャルワーカー・入退院調整看護師で話し合いを行い、事前にお伺いした患者さん・ご家族の意向、希望を尊重しながら入院中の看護計画、退院支援計画を立てます。

患者支援カンファレンス

入院から3ヶ月以上経過した患者さんを対象に、月1回実施しています。医師・病棟看護師・リハビリスタッフ・ソーシャルワーカーで話し合い、患者さんの現状や、今後の方向性について情報共有を行います。

退院前合同カンファレンス

患者さん・ご家族と、医師・病棟看護師・薬剤師・リハビリスタッフ・入退院調整看護師が集まり、退院後の生活や療養について話し合いを行います。また、必要な場合は、ケアマネジャーや福祉用具 専門相談員など、院外のスタッフにも同席していただき、退院後の生活にスムーズに移行していただけるよう橋渡しを行います。

教育体制

TRAINING

専門スキルの習得・向上を目指し、様々な取り組みを行っています。

院外講師による研修会の実施

専門知識習得のため、院外からも講師を招き、定期的に研修会を実施。日々の業務で得た知識をさらに深めることができます。

【過去の研修テーマ】
・「みんなでせん妄対応~高齢者・認知 症の方の療養生活を支える~」
・「スキンテア、どう防ぐ?どうケアする?」 など

看護部業績発表会

看護部では現在6つの委員会が活動しており、「看護の質の向上」を目的として、年度末に「看護部業績発表会」を開催。それぞれの委員会が、1年の振り返りとして、データ等を用いた活動内容の分析結果や、次年度に向けての改善点を発表しています。

キャリアアップ支援

特定看護師、認定看護師など、積極的にキャリアアップを目指す方をバックアップ。受講費、取得にかかる経費を支援します。

【先輩の声】

特定行為研修で医師側の視点を学ぶことで、患者様に対する支援方法につながるのではと思い、興味を持ちました。今後も特定行為で得た知識と技術を生かし、患者様を取り巻くスタッフの橋渡しができたらと思います。

選べる働き方

CHOICE OF WORK STYLE

病棟以外にもさまざまな働き方が選べます。

訪問看護

医療強化型訪問看護ステーションとして、24時間の対応、ターミナルケア、小児看護や、地域への情報提供・相談窓口としての役割を担っています。また、拠点訪看として市からの委託事業を行なったり、滋賀県DwaTに登録、研修に参加しています。

外来

バイタルチェック等の診察補助、処置の準備・介助や、入院受け入れ時の病棟スタッフへの 患者情報の報告を行います。また、訪問診療に同行し、医師のサポー トを行うことも 外来看護師の役割です。

デイケア

利用者さんのバイタルチェックをもとに、リハビリ専門職、入浴担当者への指示出しや、褥瘡処置、バルーンカテーテルの管理等、医師の指示のもと処置を行います。また、利用者さんの健康上の相談にも対応しています。