リハビリ専門職の特色

主に高齢の患者さんを対象とし、単に身体機能の回復を目指すのではなく、QOL向上に焦点をあて、患者さまができるだけ元通りの生活に戻れるよう、退院後の生活を視野に入れながらサポートしています。

また、リハビリテーション科は「入院・外来リハビリ」「訪問リハビリ」「通所リハビリ」の3つの部門で構成されており、患者さんを在宅へ切れ目なく繋ぐことができるほか、色々な時期の患者さんと関わることで、幅広い経験を積むことができます。

「リハビリテーション科」の役割

リハビリテーション科の特徴

FEATURE

幅広い経験ができる環境

当院リハビリテーション科は、入院・外来部門、訪問リハビリ部門、デイケア部門の3部門で構成されています。
療養病床・地域包括ケア病床でのリハビリに加え、法人内で訪問リハビリ、通所リハビリも行っており、入院前から退院後まで幅広い分野・疾患を経験することができます。

「摂食・嚥下」への取り組み

NST(栄養サポートチーム)に加えて、「摂食嚥下支援チーム」を立ち上げ、摂食・嚥下のリハビリに病院全体で注力しています。
医師、看護師、リハビリ専門職、管理栄養士が連携し、嚥下能力や食事姿勢、食形態などについて、さまざまな視点をもって評価を行っています。

「相談しやすい環境づくり

月1回病棟部門、訪問部門全員参加の「科内ミーティング」を開催し、日頃の困り事や改善して欲しいことなど、自由に発言できる場を設けています。また、スタッフの経験年数は5年~30年と幅広く、互いに持ち合わせた知識や経験を共有しながら業務にあたっています。

スタッフインタビュー

STAFF INTERVIEW

教育体制

TRAINING

専門スキルの習得・向上を目指し、様々な取り組みを行っています。

科内勉強会の開催(月1回)

科内でいくつかのグループに分かれ、月に1度、定期的に勉強会を開催しています。
勉強会の内容は、その時のホットな話題や新しい知識、興味のある内容など、基本的に自由に設定。病棟部門と訪問部門の交流の場となっており、様々な視点から意見交換を行っています。

科内勉強会の開催(月1回)

科内係の配置

医療安全係、勉強会係、物品係など、科内で係を配置しています(担当は1年ごとのローテーション)。スタッフの相談先が明確になるとともに、各担当が責任を持って行動することができるようになっています。

科内係の配置

スキルアップへの支援

資格取得への補助や、外部開催の研修に参加する際の参加費用の負担軽減、勤務の調整を行い、スキルアップを目指すスタッフにできる限りの配慮をしています。

スキルアップへの支援

他にも活躍中の職種

ACTIVE OCCUPATION

さまざまな働き方が選べます。

臨床検査技師

病気の診断・治療・病気の早期発見や予防に向けて、主に「検体検査」「生理検査」を行います。また、「栄養サポートチーム」「感染制御チーム」といったチーム医療に参画し、定期的に多職種との意見交換も行っています。

診療放射線技師

主に、外来患者さんと入院患者さんの一般撮影検査やCT撮影検査を担っています。
その他に、透視撮影装置を使用した胃瘻チューブの交換やEDチューブの交換、嚥下機能を評価するVF(ビデオフルオログラフィ)なども実施しています。

地域連携室相談員

入院受け入れの相談、ご家族との面談、福祉施設や介護機関と連携し、退院後の暮らしの相談やサポートを行います。患者さん・ご家族と医療機関・在宅サービスとを繋ぐ橋渡しの役割を担っています。